KindleUnlimitedとは?【解説動画集】~サービス活用法・登録・解約手順について~

『KindleUnlimitedとは?』

Amazonの運営する『電子書籍読み放題』のサブスクリプション。
月額980円/月(税込)で利用することが出来るサービスになっている。

多ジャンルの本が用意されており、ビジネス書から漫画、洋書に絵本などが用意されている。
最近は副業でkindle出版を利用する人もいる。

KindleUnlimitedのKindleはAmazonの電子書籍に特化した電子リーダー『Kindle』。
Kindleを購入するとついてくる特典の1つに『KindleUnlimited3ヶ月利用券』がある。
※Kindle電子リーダー(公式ページ

KindleUnlimitedを利用するための電子リーダーなので、3ヶ月無料券=割引のようなもの
それを更に活用する方法もある。

\ 無料体験30日間はコチラ /

KindleUnlimitedとは?

KindleUnlimitedとは?
Amazonの運営する電子書籍読み放題のサブスクリプション。

月額980円/月(税込)で利用が出来るサービス。
無料体験も30日用意されている。

それとkindle(Amazonの電子書籍専用電子リーダー)を購入すると、KindleUnlimitedが3ヶ月無料で利用出来るようになる。

もしkindleを購入すれば、単純に通常の無料体験約1ヶ月+3ヶ月の無料で4ヶ月無料体験が利用できるのではないか?

ただ、そこで大事になるのが登録と購入のタイミング。

登録するタイミングを間違えると『3ヶ月無料』となってしまう。
4ヶ月無料で利用できるのと、3ヶ月無料で使えるのとでは大きな差が出てしまう。

その差がどう出るのか?

▼ KindleUnlimitedとは? ▼

解説動画へ

登録手順

KindleUnlimited登録手順について。
KindleUnlimitedの登録手順を画像を用いて解説。

KindleUnlimitedに登録する際気を付けておきたいことの1つとして『支払い方法』がある。
注意したいのはAmazonPrimeで使える支払い方法とは『違う』ということ。

その他にも、登録後どのタイミングで費用がかかるのか?
他のサービスの様に更新日が固定されていれば、損しない登録のタイミングがあるのではないか?

そういった細かい部分についての解説と、登録の手順について。

是非登録前にご活用下さい。

(KindleUnlimited『登録』【公式ページ】コチラ

▼ KindleUnlimited『登録手順』 ▼

解説動画へ

解約手順

KindleUnlimited解約手順について。
KindleUnlimitedの解約の手順を画像を用いて解説。

KindleUnlimitedを解約する場合、解約のタイミングについては特に気にする必要がない。
基本的に『次回の更新をしない』かたちでの解約となるため、いつ解約しても今現在支払い済の期間については利用することが出来る。

なので、利用期間が終了日まえに『復帰』も可能となる。

ただ注意が必要なのは、AmazonPrimeと違い『返金』はないこと。
AmazonPrimeの場合『即解約(返金あり)』『次回の更新をしない(返金なし)』を選ぶことが出来る。

AmazonPrimeとは少し違うので注意しよう。

▼ KindleUnlimited『解約手順』 ▼

解説動画へ

電子書籍サブスクリプション

電子書籍のサブスクリプションは色々なサービスがある。

様々な漫画や小説、絵本などの多ジャンルを用意したサービス。
雑誌だけに特化したサービス。

それぞれの様々な特徴がある。
では電子書籍のサブスクリプションは他にどういったものがあるのか?

  • KindleUnlimited(Amazon)
    (KindleUnlimitedのページへ
  • dマガジン(docomo)
    (dマガジンページへ
  • PrimeReading(Prime会員特典)
    (AmazonPrimeのページへ
  • ブック放題(Softbank)
    (ブック放題のページ※準備中)

色々なサービスがあり、それぞれ無料体験が充実しているものも多くある。

是非一度試して、自分にあったサービスを見つけていこう。

▼ 電子書籍のサブスクリプション ▼

電子書籍サブスクの『ページへ

\ 無料体験30日間はコチラ /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です