AppleMusicとは?【解説動画集】~サービス活用法・登録・解約手順について~

『AppleMusicとは?』

Appleの運営する『音楽聴き放題』のサブスクリプション。

個人プラン月額980円/月(税込)もしくはファミリープラン1480円/月(税込)で利用することが出来るサービス。

7000万曲以上が聴き放題になるサービスだが、他社と最も違うのは『学割』である。

学割を利用すると480円/月(税込)で利用することが出来るが、更に学割利用期間中『AppleTV+』も利用することが可能となる。

学生ならば、間違いなくお得なAppleMusic。
是非うまく活用していこう。

AppleMusicとは?

AppleMusicとは
Appleが運営する7000万曲聴き放題のサブスクリプション。

月額登録することで利用が出来る。
ただ、月額費用は様々。

  • 個人プラン月額980円/月(税込)
  • ファミリープラン1480円/月(税込)
  • 学割プラン480円/月(税込)
    AppleTV+も利用出来る。

となっているが、ここで一つ知っておきたいのが『Apple-One』というサービス。
2020年に始まったサービスで、Appleが運営する4つのサブスクリプションを1つにまとめたサービス。

このサービス、AppleMusicの月額費用(個人)に約200円支払うだけで利用できるサービス。
登録すると、ゲーム・動画・音楽・ストレージと様々なサービスが楽しみ、便利に使える。

AppleMusicの利用を考えている場合、AppleOneも知っておこう。

▼ AppleMusicとは? ▼

解説動画へ

登録手順

AppleMusicの登録手順について。
AppleMusicの登録手順はとても簡単。

Storeで探して登録するだけ。
ただ注意したいのは『無料体験が3ヶ月』と長いこと。

  • 無料体験のみでやめたい。
  • いつからお金がかかるかわからない。

などと、期間がわからなくなってしまうこともある。
そのための利用期間確認方法についても解説。

登録時だけでなく、登録後についても知った上で使っていこう。

▼ AppleMusic登録手順 ▼

解説動画へ

解約手順

AppleStoreを経由したサービスは全て同じ手順で解約することになる。
その手順について画像を用いて解説。

注意したいのは解約手続き後『即解約』ではないこと。
解約後も、支払った利用期間が残っていたら利用が可能になる。

Appleの【仕組み】として

  1. 月額費用を支払う(登録・更新日)
  2. 利用期間が終了
  3. 終了翌日『自動更新』

Appleの解約手順はこの『自動更新』を停止する。
いわば、解約の予約となっている。

基本的には『次回の更新をしない』形での解約となっているので注意しよう。
※終了予定日より少しズレて利用できなくなることが多い。

それらの解約手順から解約後の確認方法まで解説しているので、一度確認しておこう。

▼ Appleサブスクリ管理方法 ▼

解説動画へ

Appleのサブスプリクション

Appleのサブスプリクションは基本4つ

  • AppleMusic(音楽)
    (AppleMusicのページへ
  • AppleArcade(ゲーム)
    (AppleArcadeのページへ
  • AppleTV+(動画見放題)
    (AppleTV+のページへ
  • icloud(ストレージ)

そしてそれらをまとめたのが『Apple-One』となっている。
気を付けたいのはAppleOneについている無料体験は、すでに無料体験済みのサービスは対象外となってしまうこと。

AppleMusicの無料体験を利用していないと、せっかくの無料体験3ヶ月がAppleOneの『1ヶ月』だけになってしまうこと。

そのあたりの注意点についてはAppleOneの動画で解説。
是非色々なサービスを利用してみよう。

▼ Appleサブスクリプション ▼

Appleサブスクの【ページへ

最後に

世の中には色々なサービスの、色々なサブスクリプションがある。

  • 動画のサブスクリプション
  • 音楽のサブスクリプション
  • ゲームのサブスクリプション
  • 電子書籍のサブスクリプション
  • オーディオブックのサブスクリプション

様々なものがある。
それぞれの特徴であったり、使い方について解説。

是非それらを知って頂き、自分に合った新しいサービスを見つけていきましょう。

▼ サブスクリプション一覧へ】 ▼

サブスクの『ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です